織りの着物や染めの着物を用いた和装

和装の着物は普段着から礼装まで色々な種類が存在し、素材や、染め方、織り方により着物の格に違いが生じてきます。それぞれの場で、どんな着物を着るのが相応しいのかについて最低限のことは知っておきたいものとなります。着物は、織りの着物と、染めの着物に分けることができます。
織りの着物は、先に糸を染めておいてから、織ることによって仕立てられた着物を指し、染めの着物は先に白い糸から織り色々な技法を施して後に染めて仕立てられた着物を指します。ですので、先染めとは織りの着物を指し、後染めとは染めの着物を指すことになります。男性が着る着物は、織りの着物がほとんどで、染めの着物は縮緬の生地を使った江戸小紋や、羽二重で仕立てた紋付など、少ない方なのですが、女性と同じ様に改まった場所に着ていく着物として用いられています。

比較的格式が高い方の着物の種類

黒紋付は、弔事に既婚、未婚問わず女性の礼装着となっていて、黒い生地に五つの染め抜きの紋が付いていて、小物類や、帯についても黒い物を合わせます。留袖は、五つの紋が入っているものが一番格式が高い礼装着として使われます。仲人の婦人や、新郎新婦の母親などが結婚式で着る和装となっています。色留袖は、一つ紋や、三つ紋、五つ紋などがあり、紋が施された数に応じて格式が違ってきます。一つ紋や、三つ紋など紋の数が少ない色留袖は、付下げや、訪問着を着ていくとき同様な場面で着ることができ、五つ紋の色留袖は結婚式などの場面で着ることができます。振袖は、未婚の女性の第一礼装着になります。成人式に着ることが知られていますが、他にも結婚式や、パーティー、謝恩会などで着ることもできます。

格式ばった場でなくても着ることができる着物の種類

訪問着は、パーティーや、友人の披露宴など様々な場で着ることができる略式の礼装着となっていて、絵羽付けが施された着物となっています。既婚者であっても、未婚者であっても着ることができます。柄も、色もたくさんの種類があるので様々な和装を楽しむことができます。付け下げは、もともと訪問着より格式が低い着物であったのですが、近頃は訪問着と同じ様な場で付け下げが着られています。色無地は、一つ紋を施して格式の高い帯と合わせると、色によっては弔事の場や、慶事の場も着ることもできる一色だけで染めている着物になります。家紋を染め抜くことにこだわらずに、家紋を刺繍で入れるのも良い方法の一つとなります。子どもの入学式や、入園式や、お茶会など、訪問着を着用するほどかしこまっていない場で色無地は着ることができます。