着物の種類を使い分けて様々な和装を楽しむ

和装の着物には素材、絵柄、形などにより格付けがされていて、TPOに応じて着る着物を変えることが必要になります。着物や、帯については、織りと、染めの2つに分類することができます。着物は、先染と呼ばれる、糸の状態のときに色を染めて織る着物が織りの着物となり、後染と呼ばれる、白い生地に柄や、色を後で染め抜いた着物が染めの着物となります。後染の着物は京小紋や、京染などが代表的で、先染の着物は大島紬や、結城紬などが代表的な着物になります。着物の格式は染めの着物の方が、織りの着物より上となります。そして、織りの紬は、街着の和装として使われますが、染めの紬は紋を付ける数に応じて、格式がある場にも着られるようになります。洋服と同じ様に着物は、改まった場に着ることができる着物と、普段から着ることができる着物に分かれることになります。

格式がある場に着ることができる着物

黒留袖は、五つ紋が入るので一番格式が高い礼装着として着られています。新郎新婦の母親や、仲人の婦人などが結婚式で着ることができる着物になります。色留袖は、一つ紋の色留袖や、三つ紋の色留袖、五つ紋の色留袖があり、紋が施された数に応じて格式が変わっていきます。五つの紋がついた色留袖なら結婚式に着ることができ、一つ紋の色留袖や、三つ紋の色留袖は、格式ばっていない場面で着ることができます。振袖は、成人式や、謝恩会、結婚式、パーティーなどの場面で着ることができる未婚の女性の第一礼装着になります。訪問着は、パーティーや、友人の披露宴などで様々な場で着ることができる絵羽付けが施された着物のことで略式の礼装着になります。訪問着は未婚の女性だけでなく、既婚の女性も着ることができます。

普段着として着ることができる着物

付下げは、かつては訪問着より格式が下だったのですが、最近は訪問着とほとんど変わらない格式の着物として同じ場で着られています。色無地は、家紋を一つ染め抜き、格式の高い帯を締めれば、色に応じて慶弔どちらの場面にも着ることができる一色だけで染められた着物になります。お茶の席などに色無地を着ると堅苦しくない雰囲気になります。小紋は、細かい模様が全体的に施されています。お洒落着や、普段着として着ることができる紬織りの着物になります。味わい深い着物となっていて、通の方が好んで着る織りの着物とされています。紬は、パリッとした生地で軽いため着やすいのが特徴になります。きちんとした着付けをするよりも、ラフに着こなすのがお洒落な方法になります。紬は、初めの内は硬い感触の布地で、ごわごわとした着心地なのですが、着ていくほどに柔らかくて軽い生地になっていきます。

袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 お仕立て上がり訪問着は5万8千円からです。 サービス概要、着物を愛するお客様のニーズにお応えし、魅力的な着物との出会いがあるよう多くの着物をご用意しています。 お仕立て・加工のご依頼は、商品のご注文日より1年以内でお願いしております。 安心のきものネット通販で実績13年返品無料です! 手軽に和装デビューはこちらから